CANBERRA
ミリオンテクノロジーズ・キャンベラ株式会社
会社概要
商 号 ミリオンテクノロジーズ・キャンベラ株式会社
英文名 Mirion Technologies (Canberra) KK
代表者 代表取締役社長 エレーヌ・ルフェーブル
本 社 東京都台東区浅草橋4-19-8浅草橋ビル
設 立 平成14年4月1日
資本金 4,949万円
福島 復興支援活動
2018年3月 NEW!
学会発表および論文として発行されました:
In-situ廃棄物、D&D、緊急時測定用 可搬型高分解能ガンマ線定量システム
[WM2018/アリゾナ州、米国]
2018年3月 NEW!
学会発表および論文として発行されました:
データアナリスト:HPGe、CZT、あるいはシンチレーションガンマスペクトルのリアルタイム連続分析装置
[WM2018/アリゾナ州、米国]
2018年3月 NEW!
学会発表および論文として発行されました:
福島における使用済み燃料デブリ特性評価のための非破壊分析アプローチ
[WM2018/アリゾナ州、米国]
2017年11月 NEW!
IRIDプロジェクトに貢献:
福島での燃料デブリ特性化に関するNDA システムのフィージビリティ・スタディ(英文) 平成26年度経済産業省補正予算「廃炉・汚染水対策事業補助金」受託事業『原子炉圧力容器内部調査 技術の開発』]
2017年11月 NEW!
IRIDプロジェクトに貢献 :
福島での燃料デブリ特性化に関するNDA システムのフィージビリティ・スタディ(日本語) [ 平成26年度経済産業省補正予算「廃炉・汚染水対策事業補助金」受託事業『原子炉圧力容器内部調査 技術の開発』]
2017年9月 NEW!
ケーススタディを発行しました:
Multi-Sack Activity Measurements using a mobile truck scanning system (英文)
[大林組殿との協業開発TRUCKSCAN(トラックスキャン)]
2017年3月 学会発表および論文として発行されました:
散乱γ線等価モデル法を用いた除去土壌の放射性セシウム濃度測定にかかる実証試験
[WM2017/アリゾナ州、米国]
2017年3月

学会発表および論文として発行されました:
キャンベラと大林組で共同開発した可搬型トラックスキャン試作機の実証試験(その2)
[WM2017/アリゾナ州、米国]

過去のニュース >>
教育研究機関向けプログラム: 原子力科学実験

弊社では、

放射線計測現場における50年以上の豊富な実績を活かして

教育プログラム(無料)をご提供しています。

 

ガンマ線測定分析の様々な側面に特化した12項目の実験を通して

放射線計測の基礎を学習します。

複雑な放射線物理原理を理解するための一歩として

どうぞご活用ください。

 

必要環境(*):

LABKIT-Basic(実験1-5)、LABKIT-Advanced(実験6-12)、Other Resources、

マニュアル(ダウンロード無料、初期設定不要) 、教育用線源

 

*必要機器のご購入は、ご相談ください。

 ミリオンテクノロジーズ・キャンベラ(株) 営業部  jp-sales@mirion.com

詳しくはクリックしてください↓ (米国サイトに移ります)
 

CALL US

ミリオンテクノロジーズ・キャンベラ株式会社
〒  111-0053
東京都台東区浅草橋4-19-8
浅草橋ビル


TEL: 03-5835-5402
FAX: 03-5835-5403
営業時間:9:00-18:00
E-mail:
jp-sales@mirion.com

総合カタログ

放射能測定機器
BABYSCAN

Products in Focus

スモールアノード ウェル型Ge半導体検出器
GSWシリーズ

スモールアノード ウェル型Ge半導体検出器
iPIX 携帯型γ線イメージングシステム
DSA-LXTM デジタルシグナルアナライザ
Privacy | Quality | ISO 9001 | 販売条件 |