CANBERRA
In Vivo 計測システムおよび測定

InVivoキャンベラ社は、ホールボディカウンタとラングカウンタの両方を含む、In-Vivo計測システムの世界有数の供給メーカーです。これらのシステムは放射性核種の人体内摂取量を測定します。個人が放射化学分析のために尿や便の試料を提出する必要がないので、in-vivoカウンタによりほとんどの放射性核種の内部線量評価プロセスが簡素化されます。「定常的作業者モニタリング」用としても「事故後環境モニタリング」用としても、これらのシステムは、核燃料処理、発電、廃棄物の処理処分に関わる作業者に必要な健康および安全に関する重要な記録をもたらします。特定の放射性核種の摂取量の迅速な評価を行うシステムから複雑な摂取分析のための位置情報を与える高分解能走査システムまで、多種多様なシステムと機器構成が利用可能です。どのシステムも、ガンマ線スペクトスコピーにより体内で発見された放射性核種の定性化と定量化を行うことができ、したがって、自然発生核種や医療放射性核種を核燃料サイクル施設内の着目核種と弁別することができます。原子力ユーザーコミュニティと連携して開発されたキャンベラ社のIn-Vivo計測システムは、現在入手できるもっとも信頼性の高いユーザーフレンドリーなシステムのひとつに数えられています。

キャンベラ社のIn-Vivo計測システムには、長年の実績のあるGenie™2000プラットフォームベースのAbacos™ソフトウェアが解析ソフトとして使用されています。この操作性の高いソフトウェアパッケージは、全身放射能計測や肺計数のシステムに容易に対応できます。定常的な分析業務により、ユーザーは計数手順を迅速かつ容易に完了し、データを取得し、分析し、作業者の健康を追跡する報告書を作成することができます。

キャンベラ社のサービスサポートには下記のサービスとサポートが含まれています。

  • 設置・インストールサービス
  • システムおよびソフトウェアのトレーニング
  • 検出効率の校正サービス
  • ハードウェアおよびソフトウェアのトレーニング
  • アプリケーションサポート
  • FASTSCAN™ - ハイスループットホールボディカウンタ

  • ACCUSCAN II™ - スキャン式高分解能ゲルマニウムホールボディカウンタ

  • ACCUSCAN™ - ベッド式ホールボディカウンタ

  • 2270型 - アクチニドラングカウンタ

  • 2275型 - アクチニドラング/スキャニングホールボディカウンタ

CALL US

ミリオンテクノロジーズ・キャンベラ株式会社
〒  111-0053
東京都台東区浅草橋4-19-8
浅草橋ビル


TEL: 03-5835-5402
FAX: 03-5835-5403
営業時間:9:00-18:00

お問い合わせ

Products in Focus

スモールアノード ウェル型Ge半導体検出器
GSWシリーズ

スモールアノード ウェル型Ge半導体検出器
iPIX 携帯型γ線イメージングシステム
DSA-LXTM デジタルシグナルアナライザ
Privacy | Quality | ISO 9001 | 販売条件 |